FC2ブログ

    心理学の話をしよう ~ 涙にはストレス成分を排出する作用がある

    涙のイラスト
    Mark FrostによるPixabayからの画像

    引き続き心理学のお話をしていきたいと思います。
    前回の記事で、ストレス溜まった時は思い切り泣いた方がいい、なぜ泣いた方がいいかについては改めてやる、と書きました。
    忘れないうちにご説明をしておこうと思います。
    年末年始の忙しい時、メンタルやられたなーと思ったら参考にしてください。

    今回もまた長くなりました。時間ない人は太字の部分だけ読めば大丈夫です。

    悲劇の効用についてはアリストテレスが既に言及してて、とか。
    フロイトが悲しい話に泣くことで得られる作用をカタルシスと呼んで、とか。
    そこらへんも面白いんですが長くなるので…

    昔むかしから泣くのは精神衛生上いいよね、って言われていたというところから始めますね。

    泣くといいみたいだというのは昔から言われていました。

    泣くと涙がこぼれます。
    この時の涙にはコルチゾールをはじめとしたストレスの原因物質も含まれています。
    つまり、涙を流すとストレス成分も一緒に体外に排出される、ということです。

    さらにマンガンという成分も大量に含まれています。
    マンガンというのは、うつ病との関係が指摘されている成分です。
    涙がマンガンを排出してくれることで、うつ病リスクの軽減が期待できるというわけですね。

    つまり涙にはデトックス効果があるということなんです。
    すごくないですか涙。
    恐るべし、人間の体。

    ただ一点気をつけなきゃいけないのは、涙には種類があるという点です。
    大量に玉ねぎ切っていっぱい涙出たから、ストレス軽減するかといったら、そうはいかないんです。

    玉ねぎ切った時のように何らかの刺激で生理的に出る涙と、感極まって泣く時の涙は成分が異なります。
    感情を伴う涙じゃないとデトックス効果は期待できない、というわけです。

    人間の体ってマジ神秘。

    日本人は他人の気持ちに配慮する傾向があります。
    自分が悲しい顔をしたら相手も悲しい気持ちになってしまうから、泣くのを我慢して笑おうとする人多いですよね。

    でも辛い時は泣いた方が辛い気持ちを軽減できます。
    ヒトカラで悲しい歌歌いまくったり、一人悲しい映画見たりして、思いっきり涙を流してください。

    しっかり泣いた後はエンドルフィンという脳内物質が増加します。
    エンドルフィンは鎮静作用があって、その効果はモルヒネ以上といわれているそうです。
    しっかり泣いてストレス成分を体外に排出した後には、苦痛を和らげてくれる成分が辛い気持ちを和らげてくれるというわけですね。

    そういうわけで、辛い時悲しい時には涙を流しましょう
    泣いた後は面白くなくても笑う、これです。

    調べれば調べるほど、人間の体って本当によくできているなあと思います。

    もっともお話しているのは、あくまで素人が聞いた話です。
    前回も書きましたように、症状が深刻な方は心療内科など専門家に相談してくださいね。
    1人で背負うと重い荷物も、誰かと一緒に背負えば軽くなります。
    辛い時は1人じゃないって思い出してくださいね。














    スポンサーサイト



    心理学の話をしよう ~ 「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ」

    泣く男性
    StockSnapによるPixabayからの画像

    すっかり御無沙汰してしまいました(-_-;)
    お仕事に追われておりました…
    仕事に入ると周りが見えなくなってしまうのかいかがなものかと我ながら思います;;

    私事ながら最近、メンタルについて相談される機会がままありまして。
    素人ながら、こういう話があるよと、お伝えしていたのですが。
    そういう話こそブログでやるべきじゃないのかとご指摘を受けまして(。。)
    心理学の話、最近してなかったなーと思い、久しぶりにしたいと思います。

    ただあくまで素人なので、聞いた話の披露でしかないんですけども。
    幸いそれで役に立ったと言っていただけるので、無駄でもないかもしれません。
    症状が深刻な方は心療内科など専門家に相談してくださいね。

    ちょっと長いですが、時間ない人は太字の部分だけ読めば大丈夫です。

    そういうわけで。
    まずは”ジェームズ=ランゲ説”です。

    仕事でミスした、恋人と別れた、などなど、うまくいかなくて落ち込んだ時「どうしたらいいか」と相談されることが多いです。
    悩みを話すだけでも違うと思うので話をひたすら伺いますが、中には人に話せないこともあると思います。

    そういう時は思い切り泣いた方がいいです。
    なぜ泣いた方がいいかについては改めてやります。
    今回のテーマは、その次の段階です。

    思い切り泣いたら、悲しくても笑うのがいいそうです。

    人は気持ちに応じて泣いたり笑ったりしていると思いがちですが、実は逆じゃないかというのが”ジェームズ=ランゲ説”です。
    ジェームズさんとランゲさんが同じ時期に提唱したので、両名の名前がついています。

    悲しいという感情から泣くという身体変化が起きるんじゃなくて、身体変化の結果、悲しい気持ちになるんじゃないか、という説です。
    つまり「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ」というわけです。
    あくまで説なので「いや、悲しいのと泣くのは同時じゃないの?」とするキャノン=バード説もあります。

    以前お医者さんのお話を聞く機会があったんですが、その時「楽しくなくても、声を出して笑っていたら、楽しくなります」と仰っていまして。
    そのお話がとても衝撃的で、調べてみたらジェームズ=ランゲ説に行き当たったというわけです。


    そういうわけで結論。
    悲しい時には友達や家族と一緒にお笑い見たり、コメディ映画見たりして笑ってみたらいいんじゃないでしょうか。
    自分の笑い声が楽しい気分を連れてきてくれるかもしれません。




    アメリカの食事情2

    アメリカサブウェイちらし

    引き続きアメリカの食事情についてです。
    トップ画像は投函されていたサブウェイのチラシの一部です。
    珍しいかなと思って撮ってみました。

    サブウェイは空港への移動中に滞在したモーテル近くで利用しました。
    それがこれ↓

    サブウェイとポテチ

    このポテチ↑、知人宅にも特大サイズがストックされてました。

    ちなみに帰国後も近くのドラッグストアで見つけまして(。。)
    コロナ自粛中に2袋も消費してしまい、さすがに今は買うの控えてます(-_-;)

    閑話休題。
    サブウェイサンドウィッチの中身は↓こんな感じでした。
    全然綺麗じゃなくてスミマセン;;


    サブウェイステーキ

    辛いのは入れないでって言ったのにハラペーニョが入ってる~(>_<)
    まあ一番最初にそう言って野菜入れる時に「全部!」と言った私が悪いんですが…
    でも店員さん無茶苦茶可愛かったです…

    パンはハニーオーツがよかったんですけどね。
    残念ながらなくて違うのにしたんですが、なんだっけ?
    メニューはステーキです🎵
    お肉たっぷりで無茶苦茶おいしかった~(*´▽`*)

    帰国後また食べたかったんですが、日本の店舗にはないみたいですね。
    期間限定だったのかアメリカ限定なのかわかりませんが。
    玉ねぎは紫がデフォみたいで、知人がスーパーで買う時も紫買ってました。

    実はこの時、クレジット払いをしたんですが。
    店頭のカードリーダーが全くカードを読み取ってくれず(-_-;)
    カードを変えても無理。
    これまでの渡米では買い物全てカード払いでOKだったので、この時お財布に現金入れてなくて。

    どうしよう…と店員さんと二人で途方に暮れる(。。)

    サブウェイって注文してから作ってもらうから返品というわけにはいかなくて。
    おそるおそる「モーテルに戻ってお金取ってきてもいいですか?」と尋ねたら笑顔でOKしてくれまして。
    モーテルまで往復して(結構距離ある)事なきを得ました。
    サンドウィッチはモーテルにあるレンジでチンして食べました🎵

    というわけで。
    買い物は財布の中にある現金で支払える範囲に留めておくのが賢明だなと悟った次第(^-^;

    サブウェイは実は英語の勉強のひとつの目標だったんです☆
    英語でサブウェイで注文できるようになりたいと(=゚ω゚)ノ
    そう思ってまして。
    今回はその目標を達成できて感無量でした(*'▽')
    …我ながらどんな目標って思いますが(^-^;
    しかもハラペーニョ抜き失敗してるし;;
    でも!
    次はもっとうまくやります(=゚ω゚)ノ

    というわけで、次はハンバーガー。
    アメリカに来たらやっぱりハンバーガー。
    なので空港内のお店で食べました。

    注文受けてから作ってくれます。
    お金を先に払って待っていると番号呼ばれます。
    受け取りに行ったら、↓こんな容器に入れて渡してくれました。

    アメリカ空港ハンバーガー3

    容器を開けると↓こんな感じ。
    バンズはゴマいっぱいです🎵

    アメリカ空港ハンバーガー1

    野菜たっぷりでかなり分厚い。
    中はこんな感じ↓です。

    アメリカ空港ハンバーガー2

    何がおいしいってパテはもちろんなんですが、野菜にかかっているドレッシングが最高においしい(=゚ω゚)ノ

    知人宅でもハンバーガーはもちろん作ってくれるんですけどね。
    市販のも食べてみたいなと空港の待ち時間に食べてみたら大成功でした。

    あ、今回は私が作りました(=゚ω゚)ノ
    知人宅のレシピはビーフ100%でつなぎを入れないんですが、卵とパン粉入れてみたいと提案したらやらせてくれて。
    アメリカはつなぎ入れないのかと尋ねたら入れるレシピもあるそうで、古い料理本を見せてくれました。

    ちなみにパン粉ってpankoでも通じるそうです!!

    ハンバーガー作る時に「pankoはないけど」と渡されたのが謎の粉状のbread crumbs(。。)
    英語通じなかったのかなと「いやパン粉がほしいんだけど」と言ったら「それもパン粉だから(^^)」と言われました。

    知人が言った通りbread crumbsってパン粉のことなんですね。
    ただ、欧米の伝統的なものはものすごく細かい粉状で私たちがイメージするフレーク状の生パン粉は日本で発展してきたものだそうです。
    日本風のパン粉はpanko、粉状のパン粉はbread crumbs、というわけですね。

    ハンバーガー食べたらワッフルも食べたいよねってことで。
    移動の際のモーテルでは朝食付きのところを選び、そこでワッフル体験もいたしました(=゚ω゚)ノ
    こちらも写真が暗いなースミマセン;;

    アメリカモーテル朝食ワッフル1


    このワッフル、自分で焼くんですよ。
    朝一で朝食会場行ったら一番乗りで(^-^;
    ワッフルの作り方聞いたら、ワッフル焼き器に油をスプレーして温めたらドロドロのワッフル液入れて上下ひっくり返しながら焼いてね、とレクチャー受けました。
    その成果が↑これ。
    私はワッフル焼き器をひっくり返しただけですけどね(^-^;

    ワッフルって甘いイメージがありますが、あちらのは甘さ控えめで朝食にぴったりでした。
    もちもちしててすごくおいしかったです(*'▽')
    ↑盛り方汚いですね;;ごめんなさい;;
    右の皿は小ぶりサイズのハンバーグとベーコン、スクランブルエッグとポテトですね。
    バナナとシリアルつけてお腹いっぱいでした☆


    ちなみに往路で泊まったモーテルはイングリッシュマフィンでした。
    それが↓こちら。

    アメリカモーテル朝食イングリッシュマフィン1


    コップが2つあるのはミルクとオレンジジュースです。
    ドリンクはいくつか種類あります。
    日本のファミレスのドリンクバーと同じ感じ。


    アメリカモーテル朝食イングリッシュマフィン2

    ↑上に赤くかかっているのはケチャップなんですが、その下にオレンジっぽく見えるのはサルサソースです。
    ケチャップだと思って思い切りかけまして;;
    思い切り辛かったです…( ;∀;)

    アメリカのモーテルで赤いソースを見たらサルサを疑え(-_-;)
    ケチャップじゃないかもしれません…

    辛いといえば。
    モーテルそばのデニーズで夕食にナチョス食べました(=゚ω゚)ノ

    そこしかなかったというのもありますが、デニーズなら英語が通じなくてもなんとなくわかるだろうというチョイス…知らないお店に挑戦する勇気なんてないです(-_-)
    でも日本のデニーズと全然違いました(^-^;

    ティーセット可愛い🎵
    ほしいです(^^)

    アメリカデニーズ紅茶


    実は以前もアメリカのデニーズで同じ注文をしたことがあるんです。
    その時はフルサイズを頼んでしまい、顔よりでかいのが来ておいしいのに食べきれませんでした。
    食べてる最中にメニューの片隅に小さく「※ハーフサイズは半額だよ」と記載されているのを見つけ。
    次はハーフを頼むぞ、と決意したのですが、今回その念願が叶ったのでした(=゚ω゚)ノ

    そして運ばれてきたナチョスのハーフサイズがこれ↓

    アメリカデニーズナチョス1

    …ハーフか?

    日本だったらこっちでも十分フルサイズな気がします(^-^;
    白いのはサワークリーム。
    角切りのトマトときゅうり、それにチーズたっぷり🎵


    アメリカデニーズナチョス2

    ハーフサイズなら完食できるはず!
    うわあああああおいしいいいいいいい~(*'▽')

    と思ったんですが。
    でも途中で、あれ、と…
    こんなに辛かったっけ?(^-^;

    汗ダラダラ、涙目になりながらも完食いたしました☆

    おいしかったけど辛かったです(^-^;



    アメリカの食事情

    カップとピーマン

    今回の話題はアメリカの食べ物についてです。
    ピーマンでかかったですね…
    マグカップとサイズ一緒だ!と思って並べて撮ったんですが、あまりサイズ感伝わらないですね;;

    違う角度からも撮ってみたんですが、大きさ伝わりますかね。
    そもそも日本のピーマンは自立しないような気がします。
    スライスして炒めていただきましたが、味は日本のピーマンと変わらず、おいしかったです。

    カップとピーマン2IMG_2216


    知人宅ではディナータイムは一緒に過ごして、朝昼は好きに自炊させてもらってました。
    食材は2週間に1度スーパーでまとめ買いで、いつもついていってました(^-^;
    スーパーは生活習慣の違いが実感できるので楽しいですよね。

    アメリカのスーパー肉1_IMG_2262

    あちらはとにかくサイズがでかい;;

    ↓は日本でも見たことあるサイズのハムですね。
    カットしないと↑のように丸いってことですかね。

    アメリカのスーパー肉2

    種類豊富で見ていて飽きないです(^^)

    アメリカのスーパー肉3

    コロっと丸いのが可愛いですね(^^)
    お値段もお得。

    アメリカのスーパー肉4


    お得といえばミルク。
    このサイズでこのお値段はびっくりです(@0@)

    アメリカのスーパーミルク


    というわけで。

    自前の朝食です。
    …これは自炊とは言わないですね(^-^;
    はさんだだけじゃないか;;

    アメリカ朝食1

    はさんであるのはローストビーフ🎵

    アメリカ朝食2

    おいしかったです~(*´▽`*)
    はまりまくって食べまくってました~

    でもってチーズはチェダー🎵
    チェダーチーズ好きなんですよ~
    日本じゃちょっと割高ですよね?
    でも、なぜかあちらではチェダーチーズ安かったです。
    チェダーばっかり買ってました(*´▽`*)

    で。
    紅茶飲みたいのでティーパック購入。

    アメリカの紅茶1


    これ、そんなに大きくないんですが、左下に80 TEA BAGSって書いてあって。
    この箱に80バッグも入ってるの?と不思議だったんですが。


    買って帰って開けてみると。



    アメリカの紅茶2

    個包装じゃない!
    丸い!かわいい!

    と一人でひとしきり興奮ヽ(^o^)丿

    カップに入れてみると、ちょうどマグカップと同じサイズ。
    ああ、なるほど(@0@!

    これはいいアイデアなんじゃないでしょうか?
    日本でもやったらいいのに。
    なんでやらないのだ?とこれまたひとしきり一人で興奮してました(^-^;

    でも、よく考えてみたら、ティーパックって携帯用なんでしょうね。
    自宅で淹れるなら、ティーストレイナー使えばいいし;;

    ちなみに写真は80バッグないです;;
    10バッグくらい使った後に写真撮ったので(^-^;


    お食事編、長くなってしまいました;;
    2回に分けます。
    次回は外食編やりたいです(^^)

    今週中にアメリカ行、全部アップできたらいいんですが。
    更新止まったら、仕事入ったんだなあとお察しください(^-^;


    アメリカの秋

         201911アメリカ_ランプ1

    すっかり遅くなってしまいました(-_-;)
    申し訳ありません…;;

    実は何度か更新してたんですが、なぜかアップされず…(T_T)
    さすがに年を越す前にアメリカからは帰国いたしまして。
    記事を更新できないまま年末年始を迎え、コロナ感染と年度末が重なり今頃になってしまいました。

    コロナもまだまだ予断を許さないかと思います(-_-)
    皆様もどうか健康第一でお過ごしください(>_<)
    自粛解禁の地域も増えていますが、このブログが皆様の退屈しのぎになれば幸いです(=゚ω゚)ノ

    今回はアメリカの秋の風景をご紹介します☆
    まずはトップ画像は友人宅にあるライトです。
    オシャレだったんで許可をいただいて写真を撮らせていただきました。
    一つだけ笠が割れてしまったそうですが、それはそれでアクセントになって綺麗だなあと(^^♪
    壁が赤いのはご家族が塗り替えたんだそう。
    今回私はこの部屋を使わせていただきました(^^)

    前回は松ぼっくりの写真をアップしましたが、今回はドングリをご紹介。

    201911アメリカ_どんぐりと葉っぱ


    ドングリだけだとわかりづらいんですが、このドングリかなりでかい。

    100円玉との比較画像を撮ってみたのでご覧ください。

    アメリカなんでついでに25セント硬貨も並べてみました。


    201911アメリカ_どんぐりサイズ

    う~ん、でかい(^-^;

    そして、さらにびっくりするほどでかいのが前回アップした松ぼっくり。

    201911アメリカ_松ぼっくり1

    一見エビフライっぽいですが、マツぼっくりです。

    どのくらいでかいかといえば。

    ドングリと比較してみますね。

    201911アメリカ_松ぼっくりとどんぐりサイズ

    …サイズ感おかしい( ;∀;)
    見つけた時は笑いが止まりませんでした(^-^;

    これがぼとぼと落ちてくるんですよ。
    実はお庭の散策は危険なのでは!?

    松の木もね、これが怖いくらい高いんですよ…

    聳え立つ松の木。

    201911アメリカ_松の木1

    松の木のイメージもなんか違う…

    こんな高い木のてっぺんからでっかい松ぼっくりが落ちてくるんですよ。
    頭にヒットしたら破壊力半端ない気がします…;;

    日本とはひとあじもふたあじも違うアメリカの秋の風景でした☆


    次回は食事事情についてご紹介したいと思いますヽ(^o^)丿


    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    プロフィール

    八十幌秋穂

    Author:八十幌秋穂
    フリーライターGroup O'z公式ブログです。
    ライティングを中心としたお仕事をしています。

    別館protOZtypeではニュースを中心とした記事をご紹介しています。

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    フリーエリア
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示
    カウンター1
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR